カープ女子と言う呼び方は経済効果にどれほど貢献したか

先日のオリックスとの第二戦では野球での勝負以外にオリ姫vsカープ女子の戦いが有った。当日の試合は、オリックス側の拙い守りにより広島カープが勝利を挙げたが女子同士での戦いはオリックス側に白星が付いたようです。 オリ姫という表現を見かけたのは初めてですが、非常に素敵なネーミングだと感じました。もちろん広島カープにもカープ女子という呼び方はありますが、最近はどの球団も女性ファンを呼び込もうと様々な企画を立てているようですね。 この様にカープ女子という呼び方が一般的になるにつれ他の球団でも女性ファンの愛称を決めたがっている雰囲気が有りますが、さすがに球団側から言いだすのは辛い様子。そこで多くの人たちが勝手に愛称を考えて公開しています。 読売ジャイアンツ「ジャイ子・ジャイ娘」阪神タイガース「虎子・トラ子・虎娘」などが有ります。笑えるのは東京ヤクルトスワローズで「ヤクルトレディ」……て昔から言われていますよね。この様に野球界全体でも話題を作ろうと頑張っていますが、一番問題になるのが経済効果だと思います。 プロ野球って結局誰かが球団にお金を払って、その収入を基に経営を進めるのが前提です。とは言え黒字経営の球団は少なく多くの場合は親企業が「広告費」と割り切って赤字を補てんしています。この点を考えると広島カープの場合は親企業が無く経営は黒字確保が最大の使命と成ります。 その為選手への年俸も他球団と比較して低くなるのは否めないと。ゆえにカープ女子だろうが何だろうがすべて有効活用する事が必要になります。そういった面で言えばNHKが2013年頃に放送の中で「カープ女子」という表現をしたのは非常に助かります。 この放送が元となり他のマスコミたちも「カープ女子」を多用し結果的に世間一般にも浸透して女性の野球ファンが増える事につながります。個人的な推測に成りますが女性の間でカープ女子と言う話題が起これば「それじゃ野球を見に行く?」みたいな雰囲気になり多くの女性が球場に足を運びます。 それがまた話題になってカープに対する熱意(これがつまりファンですが)が高まり、さらにカープを応援する。これが繰り返されて全国的な流れとなったのでしょう。そしてカープには愛される理由が何点かあります。例えば親企業が無く、独自のスタイルでプロ野球球団を運営している。 年棒の安い選手が多いが、それでもひたむきに野球を追いかける姿勢に愛着がわく。他の金持ち球団と違いFA等に使える予算が有りません。若い選手に練習をさせて成長するのを待つしかありません。その姿勢を見ていると練習熱心みたいに感じるのでしょう。 さらにチームカラーが赤色と言うのも特徴です、やはり女性に似合う色としては赤色、ピンク色系でしょう。女性がこれらの色を使ったファッションを好むのは自然ですし、男性の目線で見ても好ましい。ゆえに自然と女性ファンが増えるのは自然だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)